債券を売ることで市場から資金を回収

日本銀行がマネーサプライを変化させる政策を金融政策といいます。マネーサプライとは貨幣供給量ともいい、現金と預金を合計したものです。マネーサプライが減少すると貨幣の価値が上がることになるため、金利は上昇します。逆に、マネーサプライが増加すると貨幣の価値が下がることになるため、金利は低下します。
金融政策の1つに、公開市場操作があります。これは日本銀行が金融市場で債券等の売買を通してマネーサプライを変化させる政策のことです。
例えば、民間銀行に債券を売った場合を考えます。この操作を売りオペレーションといい、略して売りオペということもあります。さて、このとき日本銀行は現金を受け取りますが、その代金は民間銀行が支払うことになるため金融市場から資金を回収したことになります。つまりハイパワードマネーが減少します。ハイパワードマネーとは日本銀行が供給する現金です。マネーサプライはハイパワードマネーに比例するため、この場合ではマネーサプライが減少します。その結果、冒頭で述べたように金利上昇を引き起こすことになります。売りオペは物不足である景気加熱時に有効な政策であるといわれています。なぜなら、金利が上昇すれば企業の投資も減少するため、物の需要が低下するからです。こうして物不足が解消することになります。

 

日銀金融政策トップに戻る