債権を買うことで市場に資金を供給

テレビのニュース等で時折耳にする事がある金融政策という言葉。通貨の価値を安定させ、持続的経済成長を図るため、日本銀行による金融政策の事を言います。その中でも公開市場操作とは短期金融市場において、日本銀行が直接介入する事で通貨量を調整する事を意味します。この公開市場調査には金利を低く設定する操作と、高く設定する操作があります。
まずは買いオペレーションと呼ばれる金利低下を促す操作方法。金利を低めに誘導する効果があるこのオペレーションは市場の金利が高い時に日本銀行による意図された操作の事です。このままだと金利が継続して上がって行くと日本銀行が判断したときに意図的に低くなる様に操作します。金融市場の混乱を防ぐ事を目的に行われ、実施された時はニュース等で大きく取り上げられる事もあります。一方で金利が低いと判断した場合は、売りオペレーションと呼ばれる金利上昇を目的に行われる金融政策もあります。
この様に経済や金融市場はある程度混乱を招かない様な政策が準備されています。大きな変動が起こってしますと市場が混乱し、手がつけられなくなってしまう前の行動を日本銀行が起こしています。金融政策には上記の様なオペレーション以外にも目的によっていくつかありますので、知っておく事でニュースがより楽しく身近になるでしょう。

 

日銀金融政策トップに戻る